新着売買物件

藤和高取ホームズ

3,740万円

専有面積:81.32㎡(24.59坪)

地下鉄空港線『藤崎』駅 徒歩5分

​JR九州のリノベーションマンション「JRENOX(ジェイリノックス」シリーズです。

香椎浜ハイツ・フレックス

****万円

専有面積:****㎡

JR鹿児島本線『千早』駅 徒歩13分

​二線二駅(JR・西鉄)が利用できる立地・教育環境に恵まれた4LDK・南西角部屋です。

野芥四丁目土地

****万円

土地面積:****㎡

地下鉄七隈線『野芥』駅 徒歩16分

​東南側道路で陽当たり良好です。現況は更地、建築条件はないので好きなハウスメーカー・工務店で建築できます。

IMG_0656
IMG_0738
ももち

​雨の日も晴れの日も、毎日が「不動産日和(びより)」!

まずは、ご相談ください。​

不動産売買と一言で言っても、その種類、規模、目的等は多種多様です。

これまで実際に経験してきた様々な売買の形を少しご紹介致します。

取引件数/191件超

※不動産日和の代表が、前職を含み担当者として

   これまで不動産売買をお手伝いしてきた件数です。

※令和2年10月現在

​不動産に関する気になるニュース・記事

今から電話:092-408-4028

家は買うべき?

​希望する暮らしをイメージ

日経新聞 令和2年10月17日(土)より一部抜粋

 

 「今、住まいを買うべきなのだろうか?」といった相談を受けることがよくあります。共働きの夫婦ならかなりの金額を住宅ローンで調達できることもあり、住まいの購入について経済的な自由度が高まっている面もあります。しかし、望んでいた暮らしが実現できなかったら住まいを購入する意味がなくなってしまいます。

 相談を受ける際、私は「おふたりが欲しい暮らしはどんなものですか?それは購入予定の住まいで実現できそうですか?」と問いかけるようにしています。欲しい暮らしが頭の中で映像化できている人は、購入した後も後悔することなくすてきに暮らしているように思えるからです。では、欲しい暮らしとはどうイメージしたらよいのでしょうか?筆者は「4象限」で欲しい暮らしを考えることをお勧めしています。

 紙にX軸、Y軸を書き、Y軸に「金銭で測れない実現したい価値」「金銭で測れる実現したい価値」、X軸に「現在」「将来」の4つのスぺ―スを作ります。そして自分がイメ-ジしている欲しい暮らしを付箋に書いて4象限のいずれかに貼り付けていきます。コツは頭に浮かんだ欲しい暮らしの映像をイメージしてから付箋に書き出すことです。

 子育てシーンかもしれませんし、家族で好きな料理を作って食事をしているシーンかもしれません。あるいは、趣味に没頭しているシーン、地元の仲間と過ごしているシーンかもしれません。思わぬ高値で自宅が売れたというシーンが思い浮かんだ人もいるでしょう。遊び感覚でいいので、何度かやってみると、欲しい暮らしを楽しくイメージできるようになると思います。そして全体を俯瞰(ふかん)しながら、本当に欲しい暮らしの優先順位を考えるのです。

 するとひとつのことに気づくと思います。金銭で測れない価値に該当する欲しい暮らしのほうが頭の中でイメージしやすいということです。数字や文字よりも映像のほうが人の感覚に訴えるからなのでしょう。素直に頭の中で映像化できる欲しい暮らしのイメージを大事にし、優先順位をつけていくとよいと思います。欲しい暮らしがイメージできれば、それを実現するために人は行動します。その行動の一つが住まいの購入という手段なのだと思います。

​(不動産コンサルタント 田中歩)

 

不動産取引を電子化

平井氏ら3閣僚が合意

日本経済新聞 令和2年10月24日(土)より一部抜粋

 

 赤羽一嘉国土交通相と平井卓也デジタル改革相、河野太郎規制改革相は不動産取引の重要事項説明書を電子化してメールなどで顧客に送れるようにする方針で合意した。赤羽氏や平井氏が23日の記者会見で明らかにした。

 不動産取引の重要事項説明は登記の状況や水道・電気・ガスの供給設備、契約条件などを入居者に知らせるものだ。宅地建物取引士が書面で交付し説明すると法律で定めており、電子化を求める声が上がっていた。来年の通常国会にも関連法の改正案を提出する。

​ 不動産売買の重要事項説明はテレビ電話などの非対面でも可能にする方針だ。賃貸はテレビ電話での重要事項説明を始めており、売買にも対象を広げる。今年度中にもガイドラインを改定する。

不動産日和からの3つの約束

仲介手数料は

成功報酬です。

​私どもがいただく仲介手数料は不動産売買契約が成立した際(締結時および残金決済時)のみです。売買契約に至るまでに発生する金銭はありません。

しつこい営業活動は

一切しません。

​私どもの仕事はあくまで皆様の不動産売買の「お手伝い」です。様々なご提案は差し上げますが、最終的に決断するのはお客様ご自身です。

​デメリット(不利益)なこともしっかり伝えます。

物件や契約における​デメリットやリスク(危険度)は必ず事前にご説明します。「聞いてないよ」があってはならないのが、不動産売買のお手伝いです。

お客様の声

母の所有する土地建物の売却にあたり、高齢の母への思いやりにとても感動しました。細かい気配りをありがとうございました。

大野城市の戸建を

売却されたお客様

今回は初めての住み替え(マンション)なので、しばらくはいろいろ書類等、転居後も付き合ってほしい。

また、現在の住まいの売却についても相談に乗ってほしい。

​福岡市南区のマンションを

購入されたお客様

非常にややこしい物件を仲介していただき大変だったと思いますが、成約できたことに感謝します。

本当にありがとうございました。

朝倉郡筑前町の土地を

売却されたお客様

お問い合わせ

住所:福岡市南区塩原1丁目18-9

   たちばな店舗1号

​※外出しており、事務所に誰もいないことが多々あります。

 ご来店の際は、事前にご連絡いただけますと助かります。

こちらのフォームからお気軽にお問い合わせ下さい:

メール・電話・FAXでのお問い合わせ:

メール:miyamoto@fudousanbiyori.com

電話番号:092-408-4028

FAX番号:092-510-1846

営業時間:9:15~18:00

 

定休日:水曜日

 

免許番号:福岡県知事(1)18816号

 

所属団体:公益社団法人 福岡県宅地建物取引業協会

​     一般社団法人 九州不動産公正取引協議会

 

保証協会:全国宅地建物取引業保証協会

 

Copyright © 2018 fudousanbiyori All Rights Reserved.

  • Instagramの社会のアイコン
  • Facebookの社会的なアイコン